畢業論文

當前位置: 畢業論文 > 英語論文 >

日語論文日本人生死觀入殮師葬儀文化

時間:2019-05-18 20:51來源:英語論文
日本人の死生観について―「送り人」を中心に ,日語論文日本人生死觀

摘要日本人的生死觀,即便在世界范圍來看,也是很獨特的。日本人可以淡然面對死亡的行為,反映了日本人充分認識到死亡總會來臨的覺悟。即使不得不死,但是對于生也還懷有熱情,珍惜生的每個剎那。這就是日本人的生死觀。死,僅僅是生的一部分,生與死之間并沒有絕對的距離。35503
死亡,是一件讓人充滿了恐懼情緒的事,人們害怕,逃避,排斥,避之唯恐不及。然而,觀看了入殮師這部電影之后,卻讓人覺得,死亡也充滿了愛與美,日本的儀式化葬禮讓我覺得將來我也希望這樣的死去。
這篇論文要說的是:死亡不是一種黑暗的事,而是生命的正常組成部分,不是某種應該受到排斥的東西,我們要正確看待死亡,坦然面對死亡,并感謝那些讓我們人生的最后一路走得更加完美的工作者們,更加淡定和堅強的活著。我希望其生死觀能更加坦然從容。
本文由四個部分構成。本文的第一部分是講講人們對死亡的態度,畏懼且渴望長生,舉例說明主流人對生死的看法;第二部分是關于入殮師以及日本葬儀的文化,讓人感嘆死亡也是這么嚴謹,認真而又美麗的一件事,第三部分是看看日本人的一些生死觀,從中汲取一些經驗,更加坦然從容的面對生死;第四部分是結語。
畢業論文關鍵詞:入殮師  生死觀 儀式  入棺人
要旨日本という民族の死生観は世界においても獨特である。日本人は平然として死に直面するという行為は、日本人が老死と無常観を自覚し、死の切迫をかんじる一方で、生に熱意を抱え、生の剎那を重視するという死生観を反映した。そして、 死は人生の正常な部分である。死は生の一部分で、生と死の間に絶対的な距離がありえない。

源¥自%六:維;論-文'網=www.aftnzs.live


死は恐怖のことである、人々は恐れて、避けて、拒絶して、敬遠される。しかし、映畫「送り人」を見た後、私は死が愛と美に満ちていることと思って、そして、私は將來このように死ぬことを望もうと思う。
この本論の見方は、次のとおりである。死は闇のものではなく、死は人生の正常な部分である。日本人は非常に死生観が現実から抜けだし、彼らは死が人生の終わりではないと考えていますが、これは生の継続と思う。日本人はセレモニーコンポレックスを持って、私たちは死者に穏やかな顔をくれる人たちに感謝される。それに、我々は以前より穏やかで、強く生きて、生と死が自然に取り扱うと考える。
本論文は本稿は四つの部分からなっている。第一の部分は死に向かって人々の態度、主流の人間は長壽を憧れ、死を恐怖している、第二の部分はセレモニーなどの魅力、葬儀は一番厳しく美しいものである。第三の部分は、色々な死生観を見て、生と死が自然に取り扱う。第四の部分はまとめである。
キーワード:送り人 死生観 セレモニー 納棺師
目次
摘要    i
要旨    ii
はじめに    1
第一章 死に対する態度    2
第一節 誰でも死には恐れること    2
第二節 主流の態度    2
第二章 葬儀の様式    4
第一節 伝統葬儀    4
第二節「送り人」の葬儀    4
第三節 葬儀の服飾    5
第三章 日本の死生観    7
第一節 他界観    7
第二節アニミズムと霊魂観    7
第三節 武家を中心とした死生観    8 日語論文日本人生死觀入殮師葬儀文化:http://www.aftnzs.live/yingyu/20190518/33491.html
------分隔線----------------------------
推薦內容
双色球走势图带连线