畢業論文

當前位置: 畢業論文 > 英語論文 >

日語論文山崎豐子《白色巨塔》看人性

時間:2019-04-30 22:42來源:英語論文
山崎豊子の作品研究『白い巨塔』から見た人間性 ,日語論文山崎豐子《白色巨塔》看人性

摘要山崎豐子的一部電視劇《白色巨塔》深深地吸引了我。而通過原著小說的閱讀,我愈發對作者山崎豐子以及其作品世界產生了濃厚的興趣。山崎豐子是一位社會派現實主義女作家,她的作品題材涉獵廣泛,從各個不同的層面反映了現代日本社會存在的諸多矛盾,多具有十分重要的現實意義,而這部恢弘的醫學著作《白色巨塔》通過描寫醫院里的日常、醫生之間及醫患之間的復雜關系,根本上體現的就是現實與人性。35056
本課題是對作家山崎豐子的生平以及其作品《白色巨塔》中所體現的人性進行研究與分析。通過對小說主人公——兩個對立的醫生在醫院斗爭中的人性掙扎的分析,展現他們不同的性格和價值觀,揭示醫療體系中的黑暗面。在這座巨塔里,人們需要面對的不是簡單地區分善惡,而是深刻地去認識人性中存在的諸多矛盾與沖突。
本篇論文主要通過兩個方面展開。第一部分介紹山崎豐子的寫作之路。第二部分通過分析《白色巨塔》這部作品中主人公的性格特點以及他們在善良與利益面前做出的選擇,展現出人物心理的矛盾和人性的碰撞。
畢業論文關鍵詞:社會派  醫院  利益  人性 
 要旨私は山崎豊子との出會いは、テレビドラマ『白い巨塔』を見たことがきっかけであった。それにしっかりと心が引かれた私は、すぐ原作の小説を読んで、作者の山崎豊子とその作品に興味を強く持つようになった。山崎豊子は近代日本文學を代表する社會派の女流作家である。そのテーマは多岐で、現代日本社會にかかわるさまざまな問題を捉えて社會現実をリアルに描いた作品が多い。病院と醫學を題材とする問題小説『白い巨塔』は、病院の日常の出來事や醫者同士、醫者と患者の複雑な関係を描くことによって、醫療現場の現実や人間の本質を描破した。

源¥自%六:維;論-文'網=www.aftnzs.live


本論文は、山崎豊子とその作品『白い巨塔』に現われた人間性について考察する。醫療現場で対立する二人の主人公(醫者)の異なる人間性や価値観についての分析を通して、人の命にかかわる醫療現場での暗黒面を暴き出すのがその目的である。
本論文は二つの部分からなる。第一部分では、山崎豊子の創作の過程を明らかにする。第二部分では、『白い巨塔』の主人公たちの性格を分析し、利益の前に彼らがどのような選択をしたかについて考察して、人物の心理の矛盾と人間性の衝突を検討する。
キーワード:社會派 病院 利益 人間性  
 目次
摘要    i
要旨    ii
1.はじめに    1
2.山崎豊子という作家    2
2.1山崎豊子の生い立ち    2
2.2山崎豊子の創作過程    2
2.3山崎豊子作品の蕓術性    3
2.4「取材の鬼」と呼ばれて    4

3.『白い巨塔』における人間性    6
3.1『白い巨塔』のあらすじ    6
3.2財前五郎の矛盾性について    7
3.2.1教授選挙について    7
3.2.2醫療事故について    8
3.3財前五郎の死によって救われた「人間性」    9
3.4里見修二の人生観    9
3.4.1醫學研究と患者に真剣に向き合う里見修二    10
3.4.2真理を貫く里見修二    10
4.おわりに    12
參考文獻    13
1.はじめに

山崎豊子は社會派の女流作家である。彼女は生涯優秀な作品を數多く創作した。その作品は多く日本現代社會における諸問題を捉えリアルに表現している。たとえば、『華麗なる一族』『白い巨塔』『大地の子』などさまざまな作品があるが、その中で特に、私は一番興味を持つのが『白い巨塔』である。『白い巨塔』は日本醫學界の現実を反映した。その小説は病院の日常や醫者同士、醫者と患者の複雑な関係を描寫することによって、人間性の本質をあばきだした。本論文では、『白い巨塔』の二人の主人公である財前五郎と里見修二の価値観や人生観を分析し、それによる人間性の複雑さを検討しようとする。 日語論文山崎豐子《白色巨塔》看人性:http://www.aftnzs.live/yingyu/20190430/32836.html
------分隔線----------------------------
推薦內容
双色球走势图带连线